スポンサーリンク


地震後の子供たちが気になる〜不安な心をどうケアしたらいいの?

地震後の子供たちが気になる〜不安な心をどうケアしたらいいの?

熊本地震から2年半が経過した今でも、地震が原因で心のケアが必要になった子どもの数は増えているといいます。

熊本県公立の小中学校、高校、特別支援学校を含めた2086人の生徒のうち、カウンセラーが必要だと判断された人数は新たに1330人だったという調査結果が出ています。

本震、長引く余震を含め、子供達に与える「恐怖感」「不安感」がどれほどの影響かを感じ取ることができます。

これは、決して子供だけではありませんよね。

201896日に発生した北海道胆振東部地震においても、この恐怖や不安が繰り返されることと思います。

では、地震後の心のケアをどのように行ったら良いのでしょうか?

 

関連記事:【大地震発生】余震の恐怖はいつまで続くのか?~余震のメカニズムや被害、注意点!!

 

スポンサーリンク


地震による子供のストレス

2017年の夏過ぎに、熊本県で行われたアンケート調査によると「心のケア」が必要な子どもは、

益城町:562 → 656

阿蘇:49 → 79

菊池:55 → 132

熊本市:542 → 961

いずれも増加しており、被害のひどい地域で多く増えていたそうです。

こうしたストレスは、震災直後だけの問題ではなく、これからも続いていく問題だと感じます。

心のケアが必要な子どもたちから聞こえてくる声、症状としては

なかなか眠れないことがある

怖くて落ち着かないことがある

トイレに一人で行けなくなった

留守番ができなくなった(一人になるのが怖い)

泣くことが多くなった

大きな「音」がすると怖い

というように、一人になるのが怖い、音が怖いという意見が多く聞かれます。

実際、自分でもこの内容を耳にしております。

子供は大人と違って、危機に対処する能力が十分に育っていないため、怖いこと、不安なこと、悲しいことをうまく伝えることができないのです。

これに気づかず、ストレスを溜めたまま時間が経過することで、PTSDにつながる恐れがあるのだと言います。

 

PTSDとは

心的外傷後ストレス障害(しんてきがいしょうごストレスしょうがい)といって、命の安全が脅かされるような出来事(戦争、天災、事故、犯罪、虐待など)によって強い精神的衝撃を受けることが原因で、著しい苦痛や、生活機能の障害をもたらしているストレス障害のこと。

 

大きな揺れや建物の崩壊、地響き(音も含む)を目の当たりにすれば、恐怖を感じるのは当たり前。

子供だけではなく、大人にも強いストレス反応が現れます。

この反応ピークは地震発生の2週間程度と言われますが、長引く余震により、何度も何ども繰り返し思い出してしまうのです。

余震が収まって、少しずつ心の傷が癒えていくと思われますが、この時期に子供のストレスに気づき、ケアをしてあげなければPTSDの症状が現れてしまうそうです。

 

関連記事:【北海道地震】を受け防災品を見直す~水、トイレ、多機能ラジオ、ライトなどの必要性を【熊本地震】で実感

 

地震によるストレスを解消できる方法は?

余震が続く間は、大人も恐怖や不安でいっぱい。

そんななか、地震後の片付け、事務手続きなどを行わなければいけません。

正直、大人も心がいっぱいいっぱいのため、子供を見過ごす結果となります。

特に避難所生活においては、周囲への気遣いも必要になりますよね。

騒いではいけない

走ってはいけない

狭いスペースだけでの行動

と、子供のストレスを増やすことになってしまいますが、

常に「子どもはストレスを抱えている」と考えながら大人が行動するだけで、子供の心のケアになります。

 

安心させる
できるだけ子供の近くで、スキンシップをはかりながら行動するよう心がけましょう。

子どもは、親子のコミュニケーションが何よりも安心できます。心が落ち着きます。

「ママ(パパ)がいるから大丈夫だよ」

「ここは安全だから心配しなくていいよ」

不安な表情をしていたら声かけをしてあげてください。

そして、子供の話をよく聞いてあげてください。

心配なこと、不安なことがあったら最後までじっくりと聞いて安心させてあげることがストレスを和らげます。

 

 

 

いつもの生活(日常)に戻る
震災後は非日常があふれすぎています。

家がない、食べ物がない、電気がない、トイレやお風呂がないなど、子供が生まれて初めての体験で、非日常的なことばかりです。

できる範囲で、少しずつ日常を取り戻したいですね。

定時の食事、就寝、揺れが落ち着いたら自宅避難するなど、震災前の生活に少しずつ戻していきましょう。

日常を取り戻すことで、心のモヤモヤも取り除いていくことができます。

小さな子供さんには遊ぶスペースが必要です。

避難所生活ではどうしても、そのスペース確保が難しいため、意識的に外に連れて行ったり、気遣いを減らせるよう車やテントでの避難に切り替えるのも一つの方法だと思います。

子供が子供らしく遊べる場所が必要ですね。

 

被災地の映像を見せない
電気が復旧し、テレビを観ると、震災の恐ろしい映像が繰り返し、繰り返し、目の前で映し出されます。

大人が感じない恐怖を映像から感じることもあります。

また、思い出してフラッシュバックするようなこともあるでしょう。

子どもは感受性が豊かなので、その画面に入り込んでしまうこともあります。

できれば、震災当日を思い出すような映像は観せたくないですね。

 

我が家では、災害後に避難所生活はしませんでした。

子どもたちが窮屈な思いをすること、ペットを飼っていたことが理由です。

震災後一週間は、日中は自宅庭、夜は車中泊で過ごしたのです。

もちろん、余震が来たらすぐに敷地内から出られる準備をしていました。

そうすることで、子どもやペットは自由に遊ぶことができるし、声を気にする必要もなく、ストレスを感じることも少なかったようです。

気候が良かったのでこの生活ができたということもありますが・・。

小さな子どもさんがいらっしゃる家庭で、そのような生活が可能であれば、そのように過ごしてみるのも良いかも知れません。

 

震災直後の子供に見られた症状

  • 怖い夢を見る
  • 眠れない
  • 食欲がない
  • 特に何もないが元気がない
  • イライラしたり、興奮したり怒りっぽい
  • 好きなことをしなくなる
  • 災害の事ばかり気にしている
  • 頭が痛い、おなかが痛いなどの体の不調が現れる
  • 保育園や幼稚園、学校に行きたがらない
  • ママやパパから離れたがらず、甘えん坊になる

 

大地震による被災後ですから、このような症状が現れても不思議ではありません。

身近な安心できる大人にこうすることで、自分自身の回復をはかっているのです。

を繰り返しますが、少しでも安心できる日常を作ってあげてください。

しかし、これらの症状が悪化していく場合、健康を損ねることが考えられるため、専門医を受診されるのが良いです!!

まずは、専門家に相談してみるのもおすすめですよ!!

 

子どもの心のケア

震災後の子どもの心のケアに関するご相談を臨床心理士が受けてくださいます。

電話相談窓口:03-3868-3626

相談日:火、水、金、土、日(月、木を除く毎日)

相談時間:午前10時~12時、午後1時~4

 

被災された皆様に、心よりお見舞い申し上げます。

1日も早い復旧と、心の回復を重ねてお祈り申し上げます。

 

・被災(地震、水害)してやらなければいけないこと、必要なもの~被災された方、親戚、知人、支援される方にも読んで欲しい!

・液状化現象「再発防止策」事業化なる?~熊本地震から2年半、北海道地震でも深刻な問題となる 

・ハワイ島【キラウエア火山】の活動がますます活発に~噴火によるハワイ旅行への影響は?キャンセルが必要?

・ツイッターパスワード変更方法は簡単、今すぐに!!~米Twitterがパスワード変更を呼びかけ

・トイレの音漏れが気になる~iPhone【無料消音アプリ】の特徴、入手方法から使い方まで~簡単操作が嬉しい!

・体の疲れ 心の疲れがたまる前に自分でできる回復法

・「やる気」と「行動力」を高める方法~ミネラル摂取してフットワークを軽くしよう

 

地震後の子供たちが気になる~不安な心をどうケアしたらいいの?を最後までお読みいただき、ありがとうございました。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.