スポンサーリンク


【いだてん】四三の母「金栗シエ」を演じるのは宮崎美子さん〜熊本出身のエリート女優!!

【いだてん】四三の母「金栗シエ」を演じるのは宮崎美子さん

2019NHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」の主人公は、金栗四三(かなくりしそう)が熊本県玉名郡和水町(なごみまち)出身であることは、皆様もご存じかと思います。

初回放送日となる16日(日)には、和水町三加和公民館にてパブリックビューイングが開催されるのだとか・・、盛り上がりを見せていますね!
(1月3日に発生した地震の影響により、パブリックビューイングは中止となりました。)

ドラマで主人公「金栗四三」の母「金栗シエ」を演じているのは、偶然にも熊本出身の宮崎美子(みやざきよしこ)さんなんですよね。٩(ω’ )و

 

スポンサーリンク


金栗シエ(かなくりしえ)

金栗シエはもちろん実在した人物。

金栗信彦(四三の父)の妻であり、信彦との子供、四男四女の母でもあります。

金栗家はもともと、熊本県玉名郡春富村中林(現在の和水町)で酒造業を営む名士でした。

シエと結婚した頃は酒造業を営んでいましたが、信彦(四三の父)は幼い頃からとても病弱だったそうです。

そのため、四三が生まれる前には酒造業を辞めて農業に転向しているのです。

残念ながら、四三は酒造業を営む我が家を知らずに育ったんですね・・。

 

病弱だった父は、農業を十分にこなす体力はなかったと考えられます。

実際、懸命に農業を営んだのは四三の兄実次(さねつぐ)でした。

長男である実次(さねつぐ)が役場に勤めながら、農業を営み、金栗家の家計を支えていました。

シエも病弱の夫、信彦の分まで必死に働いていたことが容易に想像できますね。

酒造業を営んでいる頃から、畑仕事に至るまで・・・。

シエは昔気質の性格だったと言いますから、我慢強く家のために精一杯尽くしたのでしょう。

 

8人きょうだいの7番目に生まれた四三も、父に似たのか、小さい頃は体が弱かったようです。

そのせいか夜泣きがひどく、四三の夜泣きに苦労しながらも、シエは夫の代わりに畑作業に精を出していました。

そんな状態ですから、子供と時間を共有できることはほとんどなく、四三の遊び相手はもっぱら祖母でした。

母であるシエ、四三、そのきょうだい達が苦労して生活するなか、信彦は胃の病気が悪化して56歳という若さで亡くなりました。

四三が熊本中学玉名分校入学直前、明治3834日のことでした。

その後は、兄 実次(さねつぐ)があとを次いでくれたため、四三は学業に専念することができたのです。

熊本中学玉名分校入学後は、体が弱かった四三を心配し、実家に帰るように何度も声をかけたと言います。

どんなに忙しくても、どんなに離れていても、母親が抱く当然の想いをシエも抱いていたのですね。

当時と現在では、随分と環境が違いますので想像しかねますが、母シエはどのような気持ちで四三の活躍を見届けたのでしょうか・・。

 

関連記事:【春野スヤ】熊本女性を演じるのは綾瀬はるかさん~大河ドラマ「いだてん」

 

スポンサーリンク


シエを演じる宮崎美子さん

2019NHK大河ドラマ「いだてん」で、主人公金栗四三の母親、金栗シエを演じるのは、

同じ熊本県出身の宮崎美子(みやざきよしこ)さんです。

同郷のモデルを演じるというのは方言、土地柄などもわかりやすく、より深く演じることができるのではないでしょうか?

「シエ」を演じる宮崎美子さんとは、どんな女優さんなのでしょうか?

 

プロフィール

宮崎 美子(みやざき よしこ)

生年月日:19581211

出生地:熊本県

身長:156cm

血液型:A

所属:ホリプロ

2018年大河ドラマ「西郷どん」の鈴木亮平さんもホリプロ所属でした。

ホリプロさんは多くの芸能人を輩出されており、優香さん、石原さとみさん、妻夫木聡さん、深田恭子さん、綾瀬はるかさんなども所属されています。

 

転校の多い子供時代

宮崎さんは、熊本市で生まれ、幼稚園まで熊本で生活していましたが、父親の転勤であちこちと移動されています。(父親は銀行員だったのだとか・・)

大阪で豊中市立南桜塚小学校に入学されています。

その後、大分市立津留小学校~大分市立春日町小学校と、6年間の間に2回も転校されたようです。

そのまま大分市で中学校入学、大分大学教育学部 附属中学校に通われました。

宮崎さんといえば、ハイレベルなクイズ番組の回答者として多く出演されていますよね。

附属中学校に入学されていることからも想像できる通り、小さい頃からとても知識が豊富だったようです。

きっと、勉強することが好きだったのでしょうね。

それがよ~く理解できるエピソードがあります。

附属中学校から偏差値68~71とされる大分県立大分上野丘高校に合格されましたが、入試の点数は500点中「499点」トップの成績で進学されたそうです。

公立高校の点数は公表されませんので事実なのかどうか確認はできませんが、違っていたとしてもそれに近い成績だったことがわかります。

いやいや勉強していれば、このような高成績は発揮できないので、宮崎さんは自主的に取り組み、勉強に楽しさを見出していたのではないかと考えられます。

 

高校で熊本に戻る

高校2年生で熊本に戻り、偏差値75とされる熊本県立熊本高等学校に編入学されます。

熊本在住の方はご存知でしょうが、熊本高等学校は自主性を重んじる教育を展開される学校です。

自らの意志で勉学に励む生徒の多くは、旧帝大や有名私立大への合格を果たしています。

医学部志望生が多いことも、熊本高等学校の特徴ではないでしょうか?

宮崎さんがいかに聡明であるか、ご理解いただけるかと思います。

この頃、宮崎さんはジャーナリストへの夢を抱いており、同時にる法曹か公務員の進路も考えていたため、熊本大学法学部法律学科に入学されました。

この熊本大学時代に人生の転機が訪れることになります。

 

熊本大学入学

熊本大学入学後は、写真部の友人が宮崎さんをモデルにしたプロマイドを作り、学内ではかなりの有名人だったようです。

さらに、今はなき、熊本の岩田屋伊勢丹ではポスターモデルもされていました。

芸能人になる前から、地元熊本では有名になっていたんですよね。

1979年、大学3年生の時、朝日新聞に掲載されていた「篠山紀信が撮る! 週刊朝日“キャンパスの春”」の表紙モデルに応募します。

応募に使われた写真は、当時付き合っていた医学部の学生が撮影した化粧っ気のない、ごく自然なスナップ写真。

とても素朴な宮崎さんのインパクトはかなり強かったのでしょう、見事1980125日号「週刊朝日」の表紙を飾りました。

 

篠山紀信(しのやま きしん)さんといえば

日本を代表する写真家。

作品ジャンルは多様で、ヌード、歌舞伎、芸能人、素人モデル、建物と作品数も多い。

樋口可南子さんをモデルにした写真集「Water Fruit 不測の事態」

宮沢りえさんのヌード写真集「Santa Fe

は、ヘアヌードブームを巻き起こしました。ご存じですか?

 

篠山紀信との出会い

その後、篠山紀信氏からミノルタ(現在のコニカミノルタ)のCMへの出演依頼を受け、旅行気分で撮影地のサイパンへ出かけました。

同じ年に、あの歴史に残るCMが発表されることになります。

「今の君はピカピカに光って~」という音楽とともに、木陰でTシャツとGパンをはにかみながら脱いでビキニ姿になるというミノルタ一眼レフカメラ「X-7」のテレビCMです。

このCMを機に、雑誌、テレビなどの出演依頼が殺到します。

「グラビアモデルはスリム」という概念を崩した宮崎さんに多くのメディアが興味を持ち、現役大学生の硬いイメージと宮崎さんのおっとり柔らかいイメージのギャップも話題となりました。

「才色兼備の女子大生タレント」を定着させたのは、紛れもなく宮崎美子さんで、地元熊本放送の番組レポーターとしても活躍されていたんですよ。٩(ω’ )و

 

女優デビュー

宮崎さんの女優としてのデビューは、198010月~19813月に放映されたポーラテレビ小説「元気です!」

当時、まだ熊本大学に通っていた宮崎さんは何度かお断りしたそうですが、幾度にもわたるTBSさんの出演説得により主演を務めることとなったのです。

これが宮崎さんの女優デビューでした。

これれは週刊朝日の表紙を飾って、たった一年以内の出来事です。

一般の女子大学生がハイスピードで、女優への道を駆け上がったことになります。

 

1981年にはCDも発売されています。

初々しく、かわいい宮崎美子さんですね~。(*≧∀≦*)
【いだてん】四三の母「金栗シエ」を演じるのは宮崎美子さん
No Return/宮崎美子

芸能活動を頑張った結果、学生生活には支障をきたすこととなり、東京⇄熊本を行ったり来たりしながら、5年かけて熊本大学を卒業されました。

19823月、宮崎さんの熊本大学卒業式がワイドショーで取り上げられていたのを記憶しています。

それからというもの、数々のテレビドラマや映画に出演されています。

 

代表的な作品を挙げますと。

テレビドラマ
1981年:2B組仙八先生(TBS

1982年:柳生十兵衛あばれ旅(テレビ朝日)

1986年:女ともだち(TBS

1997年:ナースのお仕事2(フジテレビ)

2013年:八重の桜(NHK

2018年:正義のセ(日本テレビ)

 

映画
1986年:めぞん一刻

1990年:男はつらいよ 寅次郎の休日

2006年:釣りバカ日誌17 あとは能登なれハマとなれ!

2009年:20世紀少年 最終章 ぼくらの旗

2010年:悪人

2016年:金メダル男

他、多くの作品、舞台に出演されています。

 

そして、聡明な宮崎美子さんはクイズ番組の出演も多いですよね。٩(ω’ )و

クイズダービー(TBS

なるほど!ザ・ワールド(フジテレビ)

熱血!平成教育学院(フジテレビ)

Qさま!!(テレビ朝日系)など。

 

熊本の情報番組にも出演されます!!

 

「知的な宮崎さん」結婚は?

1989年、「2B組仙八先生」のアシスタントディレクターをしていた上川伸廣さんと結婚されました。

とても幸せそうでしたが、わずか14ヶ月で離婚・・。

離婚理由について「自分が悪いんです。」と、宮崎さんはご自分をとても責めていらっしゃいましたが、夫婦間の問題ですから周りが詮索することでもありませんよね。

お互いに納得されてのこと、現在も上川伸廣さんとは良い関係が築けているようですよ。

「子供」「娘」などの噂がありましたが、お二人の間に子供さんはいなかったようです。

宮崎さんは知的な熟女?ですから、これからも恋の噂、もしかしたら結婚なんてことも十分にありえることですよね。

 

金栗シエを演じる宮崎美子さんについて、いかがでしたか?

幼い頃から聡明で、芸歴も長く、多くの経験をされている女優さんだけに、シエの心情をより繊細に表現されるのではないでしょうか?

201916日スタートの「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」が楽しみですね!!

 

いだてん~東京オリムピック噺~

2019NHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」

201916日より日曜日 総合テレビ / 20:00~20:45放送。

脚本:宮藤官九郎

キャスト

金栗四三(かなくり しそう):中村勘九郎

金栗実次(かなくり さねつぐ):中村獅童

金栗信彦(かなくり のぶひこ):田口トモロヲ

金栗スマ(かなくり スマ):大方斐紗子

他、豪華キャスト続々登場!!

 

・【金栗四三】玉名出身のアスリート~【いだてん】熊本でのロケ地はどこ?大河ドラマ館はどこに? チケット購入は?

・【いだてん】金栗四三ミュージアム、金栗四三生家記念館、いだてん大河ドラマ館オープン~期間限定【前売り券】がおすすめ、購入方法やアクセス詳細など

・【橋本愛さん】映画オズランドから大河ドラマまで幅広く注目を浴びる~デビューのきっかけは?

・田んぼアート~NHK大河ドラマいだてんを応援する【くまもん】が見られる場所はどこ?

NHK朝ドラ【まんぷく】神部 茂(かんべしげる)を演じるのは、博多弁がかわいい【瀬戸康史】さん

 

【いだてん】四三の母「金栗シエ」を演じるのは宮崎美子さん~熊本出身のエリート女優!!を最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください