スポンサーリンク


【関門海峡花火大会2019】2019下関会場〜交通規制と混雑情報!!

関門海峡花火大会2019

201983日(火)

関門海峡花火大会が開催されます。

下関側、門司側、県をまたいで楽しめる関門海峡花火大会は、毎年多くの人で賑わいます。

訪れる人の数、なんと105万人!!

当日の交通規制や混雑状況がとても気になりますね。

台風が心配されますが、予定通り開催に向けて準備をしているとのことです。

 

関門海峡花火大会概要

開催日:2019813日(火)

時間:19:5020:40(予定)

会場
あるかぽーと会場

海峡ゆめタワー前会場

カモンワーフ会場

唐戸市場前会場

打ち上げ数:15.000

 

スポンサーリンク


花火大会が始まった当初は、下関と門司で、別々のイベントとして行われていました。

1988年より「アジアポートフェスティバル in KANMON」として関門地区の合同イベントとして行われています。

花火打ち上げ数は1万5.000初!!

関門双方で各約7,500発ずつですが、西日本の花火大会では最大級の規模に匹敵するといわれています。

2019年の夏も、関門海峡で彩られるドラマをぜひ感じでください!

 

交通規制

16:0020:40唐戸市場、カモンハーフ車両進入止め

19:0023:00人口地盤進入禁止

16:00~23:00 車両乗り入れ禁止(マップ赤ライン)

関門海峡花火大会2019

マップでご確認ください。

 

駐車場

花火大会会場には駐車場が設置されていませんが、JR長府駅前の下関市競艇場の第3/第4駐車場が利用できます。

長府以遠また勝山方面の方は駐車後、JR線、またはバスを利用して花火会場へ行き帰りできます。

特に花火終了後は市内中心部の交通が麻痺しますので、公共交通機がおすすめです。

→ 乗り継ぎ方法、時刻表はこちらから

 

スポンサーリンク


混雑回避方法

集まる人数を考えるると、混雑回避がとても難しいのは予想できますね。

「約100万人の人出がある」という事実は、いつも頭の片隅に置かれて下さい。

めかりPA(門司側)・壇ノ浦PA(下関側)は、当日のお昼頃から夜にかけて大混雑するため、利用できない場合もあること、ご了承ください。

また、花火大会開催時は、 下関インターに至る高速道路の本線も渋滞が予想されます。

事前に渋滞確認されることをお勧めします。

リアルタイム交通情報

 

そのなかで可能な混雑回避方法は、

早い時間に到着する
昼頃(12:00)から、高速道路の渋滞が始まりますので、その時間までに到着されておけば「行きの渋滞」は逃れることができます。

 

帰る時間を早める
問題は行きよりも帰りです。

花火大会終了後には、約100万人が一斉に動き始めますので、想像以上の大混雑が発生します。

これを回避するには、終了時刻よりも早く会場を出ることでしょう。

花火大会クライマックスを優先するか、交通渋滞回避を優先するか?

の二択になりますね。

 

スポンサーリンク


 

帰る時間を遅らせる
また逆に、花火大会終了後の移動時間を遅らせることも方法の一つです。

1時間ほどのんびりして移動を始めると、大混雑も少し回避されます。

 

周辺に宿泊する

大渋滞のなか、無理に帰ろうとせず、周辺に宿泊するのも混雑回避法としては有効です。

関門海峡花火大会を旅行とするのも良いと思います。

翌日、下関料理を楽しんで帰るということもできますよね。

宿泊ホテルを探す

 

事故や怪我に十分気をつけて、お出かけくださいね!!

 

スポンサーリンク


 

・ベイサイドプレイス博多【花火大会2019】イベント内容、時間は?

・山鹿灯籠まつり・花火大会2019~交通規制や混雑状況は?

・【江津湖花火大会2019年】混雑回避シャトルバスの乗車方法、交通規制、おすすめスポットなど

・【筑後川花火大会】2019年~6つの観賞スポット、アクセス方法や子供連れおすすめのスポットなど

 

 

【関門海峡花火大会20192019下関会場~交通規制と混雑情報!!を最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください