スポンサーリンク


台風10号【関門海峡花火大会2019】への影響〜中止になる?

台風10号【関門海峡花火大会2019】への影響は?

2019813日(火) 、関門海峡花火大会2019か予定されていますが、台風10号の進路が懸念されますね。

このままの進路で北上すれば、本州に近づくおそれがあるのです。

関門海峡花火大会2019に、どう影響するでしょうか?

台風が心配されましたが、関門海峡花火大会は予定通り開催されます!!(8月13日 15:05)

 

 

台風10号(クローサ)

201986日に発生した台風10号。

発生当時(7日)、小笠原近海にあり時速10kmで北北西に進んでいました。

中心気圧:994hpa

最大風速:20m

最大瞬間風速:30m

台風10号は、ほぼ小笠原近海に停滞していたのですが、徐々に北上し本州付近に近づくおそれがあります。

それが、まさに【関門海峡花火大会2019】が開催される13日~14日にかけて・・という予報が出ているのです。

 

大型で強い台風10号は、79日午前3

中心気圧:950hpa

最大風速:45m

最大瞬間風速:60m

中心から半径170km以内では、風速25m以上の暴風となっているようです。

非常に大型のため、関門海峡付近が暴風域に入ることが十分考えられます。

 

スポンサーリンク


 

中止になる可能性は?

関門海峡花火大会は、雨天の場合決行ですが、荒天の場合は中止となります。

荒天とは風速10m/秒以上の時。

 

9日現在、「最大風速が45m/秒」の暴風となっており、このまま進路を変えずに進めば、

1314日には、風速15m/秒以上の強風域に入る見込みです。

ということは、台風10号がこのまま進路を変えない場合、「関門海峡花火大会2019」は中止になってしまう可能性があるということですね。

 

追記
決行、中止の最終判断は本日15:00に、公式ページにて発表されます。

 

風の強さについてはこちらを読まれてください。
台風21号,24号【最大瞬間風速50m/s】超えってどのくらい?~風の強さで受ける被害の違いについて

 

スポンサーリンク


 

公式Face Bookより

87日(13:59)に「関門海峡花火大会門司」が更新されたFBでは

このような告知がされていますね。

運営スタッフの方々は、気象予報士でもなければ、神様でもありませんので、自然の動きを100%把握することはできません。

今後の台風10号(クローサ)の動き、また交通情報などを、こまめに確認する必要がありますね。

 

当日の告知は、上記のFBや、公式HPなどで行われると思いますので、そちらも合わせてご確認ください。

32回関門海峡花火大会in門司港レトロ

32回関門海峡花火大会in下関

 

現時点では、お天気がもってくれることを祈るのみです。

たくさんの方が準備に関わり、盛り上げてきた【関門海峡花火大会2019】が当日開催されることを願います!!

 

 

スポンサーリンク


 

2019年【台風6NARI(ナーリー)】雨のピークはいつ?どのくらい降るの?

・【台風8号】2019九州~新幹線への影響は?

・台風24号本州付近を一気に駆け抜ける予想も?!~自分でできる最低限の台風対策をチェック

 

 

台風10号【関門海峡花火大会2019】への影響~中止になる?を最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください