スポンサーリンク


九州2019〜大雨による交通への影響は?[高速・JR・飛行機]

九州大雨

29日(木)までに、西日本、東日本で大雨になることが予想されています。

場所によっては、雷を伴ったとても激しい雨が降るようです。

土砂災害、河川の増水や氾濫には十分な注意が必要です。

大雨による交通アクセス(高速道路、JR、飛行機)への影響はないのでしょうか?

 

 

大雨予報

停滞している前線に向かって、暖かく湿った空気が流れ込んでいるため、活動がとても活発になっています。

予報によると、27日(水)の夜までに前線上の日本海では低気圧が発生し、発達しながら北東に進む見込みです。

前線は29日まで停滞し、活動が活発なため、同じ地域で雨量が多くなる不安があります。

九州北部では、すでに雷を伴った猛烈な雨が降っているところもあります。

 

予想降水量は以下の通りです。

28日正午までの24時間
九州北部 200ミリ
東海 180ミリ
中国・四国・近畿 150ミリ
北陸 120ミリ
関東甲信 100ミリ

 

 

29日正午までの24時間
東海 100~200ミリ
九州北部・中国・北陸
関東甲信
100~150ミリ
近畿 50~100ミリ

 

土砂災害、河川の増水や氾濫に厳重に注意しながら、低い土地には浸水への対処も必要となります。

みなさま、早めの対策を心がけてください。

 

スポンサーリンク


 

交通アクセス

大雨による交通アクセスへの影響はどうなっているのでしょうか?

まだまだ移動のある時期ですので調べてみました。

 

九州高速道路

太宰府IC付近、久留米IC付近、渋滞

金立SA付近、事故による全車線規制

鹿央バス停付近、事故による第1走行規制

川南PA付近(上下)、事故による全車線規制

92712:00現在、大雨による規制や渋滞はないようです。

この先も引き続き注意が必要です。

九州高速道路情報はこちらで随時ご確認ください。

 

 

JR

JRに関しては、大雨による「見合わせ」「遅延」などが発生しております。

筑肥線[西唐津~伊万里]

松浦鉄道線

ご利用の際は、事前にご確認ください。

→JR 九州の運行情報

 

 

飛行機

長崎空港からの「壱岐 / 対馬行き」が欠航になっているほか、運行されているようです。

今後の便については、各空港、またはご利用の航空サイトにてご確認ください。

→ 福岡空港

→ 阿蘇くまもと空港

→ 大分空港

→ 長崎空港

→ 佐賀空港

→ 宮崎ブーゲンビリア空港

→ 鹿児島空港

 

スポンサーリンク


 

今後の大雨情報、道路交通状況、JR、飛行機などの交通アクセス情報については、ご利用の際に必ずご確認ください。

大きな被害が出ないことを心から願います。

 

2019年九州大雨はいつまで?~熊本の梅雨明けは?

・熊本での火災などの発生場所が電話・自動音声で分かります

・台風21号,24号【最大瞬間風速50m/s】超えってどのくらい?~風の強さで受ける被害の違いについて

・台風8号(2019年)飛行機は欠航?どうなる?

 

2019年九州~大雨による交通への影響は?[高速・JR・飛行機]を最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.