スポンサーリンク


スマホやタブレットの音楽を簡単に外部スピーカーから聴く方法

スマホやタブレットの音楽を簡単に外部スピーカーから聴く方法

お部屋でくつろいでいるとき、キッチンで料理をしているとき、入浴でリラックスしているときなどに、スマホやタブレットに保存したBGMを流したいな~と思うことありませんか?

音楽好きな方はもちろんですが d( ̄  ̄)

ピアノ教室を運営されている方などは特に、お気に入りの音楽をスマートフォンやタブレットにダウンロードされているのではないでしょうか?

外出時には、イヤホンジャックにポチッと差し込めば自分だけの音楽空間を作れますし、今はワイヤレスイヤホンなどもありますので便利に聴くことができます。

でも、部屋の中にいるときまでイヤフォンを使いたくないし・・( ̄∇ ̄)

ゆっくりと大音量で聴いてみたいと考えることありますよね?

 

スポンサーリンク


スマホやタブレットの音楽を簡単にスピーカーで聴く方法

私、cuteはピアノ教室でもスマホに保存させた音楽を大活用しております。

アプリで自作した音源などもあるので、どうしてもスマホから音源を流す必要があるんですね。

でも、スマートフォン(iPhone)のスピーカー出力では、ピアノの音に負けてしまうんです。

聴こえなくなるんですよね ( ;∀;)

仕事ですから、それでは困るわけです!!

そこで、使用音楽も、iPhoneからの音源をスピーカーから出力させることにしました。

もちろん、アプリの音源も拾えますのでメトロノームなども音量を上げて流すことが可能ですよ。

 

Bluetooth(ブルートゥース)の利用

なんと、便利な世の中になったものだ ٩(ω’ )و

今はスマートフォンやタブレットの音源がワイヤレススピーカーを通して聴くことができるんですよ。

皆さんは、Bluetooth(ブルートゥース)って聞いたことありませんか?

聞いたことあるけど、何のことなの?

Bluetooth(ブルートゥース)とはデジタル機器と機器の無線通信の規格の一つです。

マウスとパソコン・スマートフォンとイヤフォン・タブレットとスピーカーなどを無線で接続することができるんですよ。

おそらく、皆さんが持っているスマホやタブレットにはこのようなマーク表示があると思います。

これはBluetoothに対応してますよってこと。

現在発売されているスマホ、タブレット、パソコンのほとんどはBluetooth機能搭載になっています。

Wi-fi(ワイファイ)とは違うの?

はい、確かにwi-fiも無線通信できますよね。

Wi-fiは複数の機器をネットワークでつなぎ、高速で通信することができます。

スマホ・パソコン・ゲーム・プリンターなどを一度に高速で接続することができるんです。

それに対し、Bluetoothは「一対一」の通信が通常で、繋ぐ機器を指定して利用します。(ペアリングという。)

また、wi-fiに比べると通信距離が短いのが特徴です。

短いといっても、10mほどは大丈夫ですよ!!

Bluetoothを使うメリットってあるの?

えー、それならwi-fiを使った方がいいんじゃない?と思われるかも知れません。

Bluetooth(ブルートゥース)のメリットは、接続の際の消費電力が少ないことなんです。

だから、イヤフォン、キーボード、スピーカーなど、長い時間使用する場合にメリットが生じます。

あー、そういうことなのね。

Bluetooth(ブルートゥース)の接続方法

ご自分のスマートフォン(iPhoneの場合)の設定画面をタップすると、Bluetoothという項目が表示されます。

スマホやタブレットの音楽を簡単に外部スピーカーから聴く方法

この「Bluetooth」をタップすると、このような画面が表示されます。

この時点で、自動的にBluetooth(ブルートゥース)機器デバイス名が現れるので、使いたいデバイス名をタップすればBluetooth(ブルートゥース)オンの状態になります。

スマホやタブレットの音楽を簡単に外部スピーカーから聴く方法

あとは、スマホから聴きたい音源を再生させれば、このスピーカーから音源が聴こえてきますよ。

「設定」Bluetooth「デバイス名」の順にタップする。

このように、操作方法はいたって簡単。

 

Bluetoothスピーカーをおすすめする理由

サイズ、金額、音質、デザインが種類豊富なこと。

用途によって、全てを選んで購入することができます。

私は数種類のBluetoothスピーカーを持っているのですが、各部屋に一台ずつ置いてます。

また、外出時に持ち出すことも可能なのでキャンプ、BBQ、ピクニックなどにも活用できますよ。

屋外でもBGMを楽しみながら活動できるということです。

 

例えば、こちらのスピーカーはとてもリーズナブルなお値段で1.580円。

でも、防水加工が施してあるので入浴時にも使用できるし、LINE通話なども行うことが可能です。

コンパクトサイズ(手のひらくらい)で持ち運びも楽々。

 

こちらも防水加工が施してあり、アウトドア用にデザインされたBluetoothスピーカーです。

金属の保護ネット搭載、特別な着色プロセス処理で酸化から防ぐことができるし、リュックや腰に吊り下げることも可能です。

最大8時間再生することができ、お値段は2.380円とこちらもお安いですよね。

 

音質にこだわる方にはこちらがおすすめ!!

Boseならではの重低音サウンドで音楽を楽しむことができます。

ポータブルタイプのものと比べると、かなり音質が異なりますよね。

最大再生時間も10時間、もちろん屋外への持ち運びも簡単にできます。

充電は、スマートフォンと同じ要領でケーブルを差し込むだけでOKです。

用途に合わせてサイズ、金額、音質、デザインを選べるBluetoothスピーカーは、プライベートでも仕事でも外すことのできないデジタル機器となりました。

 

スマートフォン・タブレットでの活用

ピアノの先生って、スマホやiPadなどのタブレットを持っていらっしゃる方が多いです。

Bluetoothスピーカーを合わせることで、多様に活用できると思うんですよね。

オーケストラの演奏を聴かせたい、どのような楽器編成になっているのかも教えたい ٩(ω’ )و

と考えた時に、iPadなどのタブレットで映像を観せながら「演奏」はBluetoothスピーカーを通して迫力のあるものに・・ということも可能です。

より臨場感のあるオーケストラ演奏を聴かせてあげることができますよね。

また、生徒さんの演奏を録音、録画してその場ですぐに再生したい時にもBluetoothスピーカーが活躍しますよ。

音質の良いスピーカーであれば、自分の音をより客観的に聴くことができます。

発表会コンクール前のレッスンでは頻繁に「自分の音」「自分の姿勢」などを見せたり、聴かせたりしております。

Bluetoothスピーカーは、スマホからの音を簡単に大音量、高音質で再生することができるのでピアノ教室においては実にメリットの大きいデジタル機器だと感じます。

操作はとーっても簡単です。

せっかく持っているスマートフォンやタブレットをどうぞレッスンの中で、もっともっと活用されてくださいね!!

「スマホやタブレットの音楽を簡単にスピーカーで聴く方法」のご紹介でした。

 

 

スマホやタブレットの音楽を簡単に外部スピーカーから聴く方法を最後までお読みいただき、ありがとうございました。

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.