スポンサーリンク


台風20号・21号2019【進路予想】日本への影響〜計画運休の可能性は?

台風20号・21号 2019

1018日(金)午前3時、台風20号(ノグリー)が、

翌日10月19日(土)には続けて台風21号(ブアローイ)が発生しました。

台風19号で甚大な被害を受けた地域が多いことから、台風の発生には敏感になってしまいますね。しかもダブルで・・。

台風20号、台風21号の日本への影響は?

また、九州への影響や計画運休が気になります。

 

 

台風20号(ノグリー)

1019日(土)03時現在

中心気圧:996hPa

最大風速:23m/s

位置:沖縄の南

進路:北西10km/h

 

スポンサーリンク

 

台風20号は緩やかに発達しており、明日(19日)には

中心気圧:990hPa

最大風速:30m/s

最大瞬間風速:40m/s

位置:沖縄の南

進路:北西10km/h

と、小さいながらも暴風域を持つ台風になるだろうと予想されております。

22日(火)には温帯低気圧となる予想ですが、南からの湿った空気が強く流れ込むため、近畿から東北にかけての広い範囲で猛烈な雨になる恐れがあるとのこと。

 

 

台風21号(ブアローイ)

台風20号と並行して、台風21号(ブアローイ)も発生しました。

1019日(土)21時現在

中心気圧:1000hPa

最大風速:18m/s

最大瞬間風速:25m/s

位置:トラック諸島近海

進路:西 25km/h

なんとも恐ろしい台風図です。

今後、発達しながら北上、23日(水)には非常に強い勢力で小笠原近海に達する見通し。

このまま北上すると、来週後半は本州に近づくおそれがあるといいます。

現時点では、関東、東海地域へ最も近づくのは、24日(木)ではないか?と予想されています。

まだ、進路が不確定なため、台風の動きからは目が離せません。

同時に、十分な警戒が必要です。

 

10月21日現在の進路予想

 

10月22日現在の進路予想

強さ階級   非常に強い
移動     北西 20 km/h
中心気圧   955 hPa
最大風速   45 m/s (中心付近)
最大瞬間風速 60 m/s

非常に強い台風21号は、24日(木)最大瞬間風速70m/sの勢力で小笠原諸島を直撃するおそれ、小笠原諸島の父島や母島では十分な注意と警戒が必要です。

小笠原諸島を通過後は北北東に進み、日本の東を離れて北上する予想、本州への直接的な影響は高波と強風となりそうです。

 

 

本州へ接近?!

台風20号は、22日(火)~23日(水)にかけて、温帯低気圧に変わりながらも本州の南に進んでくる予想。

秋雨前線の活動も活発化するため、西日本から東日本の広い範囲で雨予報が出ています。

三重県や奈良県南部、和歌山県南部で、21日(月)夜から22日(火)朝にかけて1時間80mm以上の雷を伴った猛烈な雨が降るおそれあり。

三重県南部では今月18日に尾鷲市で日降水量563mmを観測するなど記録的大雨が降っていて、土の中の水分量が多くなっている状態です。

22日(火)朝になると、東京都心など関東南部でも1時間に30mm以上の激しい降りになる所がある予想で、19号の傷も癒えぬまま大雨を迎えることとなりそうです。

十分にご注意ください。

 

 

また、台風21号は24日(木)に最も接近するとみられています。

25日(金)頃に関東や東北などで雨や風が強まる可能性もあり.

最新の台風情報に注意が必要です。

 

 

計画運休の可能性は?!

現時点では、計画運休の情報はありません。

いずれも、台風の進路や影響によって状況が変わるものを考えられるため、お出かけ予定のある方は、公共交通機関での情報をこまめにご確認ください。

 

JR運行状況

→JR九州 列車運行情報

 

フライト情報

九州内の各空港フライト情報

福岡空港

長崎空港

佐賀空港

阿蘇くまもと空港

宮崎ブーゲンビリア空港

鹿児島空港

 

高速道路の交通状況

西日本高速道路の交通情報

九州道の事故・渋滞情報

 

 

10月の台風には注意!

過去、10月に大きな影響を及ぼす台風が多く発生しています。

上陸時
最大風速
大きさ
勢力
2017年台風21号 40m/s 超大型・強い
2014年台風19号 35m/s 大型・強い
2014年台風18号 35m/s 大型・強い
2009年台風18号 40m/s 大型・強い
2004年台風23号 40m/s 大型・強い
2004年台風22号 40m/s 強い
2002年台風21号 35m/s 強い

そして、先日の「台風19号(ハギビス)」は、関東、東日本周辺に甚大な被害を及ぼしました。上記、10月に発生した台風はどれも強い勢力を持ったまま上陸した台風です。

>> 氾濫した川はどこ?【台風19号】安全確認を!~氾濫危険水位とは?

 

今もなお、台風の被害に苦しめられている方がたくさんいらっしゃいます。

お亡くなりになられた方のご冥福を祈るとともに、被災された皆様には心よりお見舞い申し上げます。

一日も早く元の生活に戻れますように。

 

「この台風は大丈夫」

「我が家は大丈夫」

などとは決して考えず、できる限り早めの対策を実施されてください。

 

スポンサーリンク


 

・台風192019【関東】暴風雨の影響で被害を受けたら?~何をすべき?

・台風24号本州付近を一気に駆け抜ける予想も?!~自分でできる最低限の台風対策をチェック

・台風19号【ラグビーW2019横浜】中止~チケットの払い戻しはあるの?

・台風21号,24号【最大瞬間風速50m/s】超えってどのくらい?~風の強さで受ける被害の違いについて

・台風24号の影響による交通状況は?~熊本の気になる【気象情報】2018

・【熊本】大雨による避難勧告~避難場所を確認!

・【熊本駅】【熊本空港】周辺のホテル~緊急時の宿泊に利便性の良い宿泊施設をご紹介!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください