スポンサーリンク


【箱根駅伝2020】九州の大学は出場できないの?理由は?

箱根駅伝 九州

関東地区でのお正月といえば「箱根駅伝(はこねえきでん)」

かなり盛り上がるお正月イベントとして定着しています。

しかし、九州の大学は一校も出場されていません。

有名な大学駅伝に九州の大学が出場していないのは、なぜなのでしょうか?

 

 

箱根駅伝(はこねえきでん)

箱根駅伝の正式名称は「東京箱根間往復大学駅伝競走(とうきょうはこねかんおうふくだいがくえきでんきょうそう)」といいます。

毎年、12日、13日の2日間開催される大学駅伝競技会です。

この箱根駅伝は、関東学生陸上競技連盟が主催し、読売新聞社が共催されているんですね。

関東学生陸上競技連盟

・東京都
・神奈川県
・千葉県
・埼玉県
・茨城県
・栃木県
・群馬県
・山梨県

に本部を置く大学・大学院・短期大学及び高等専門学校(第45学年)が公認している陸上競技関連の競技部で構成されているスポーツ団体である。

 

あくまでも、関東学生陸上競技連盟が主催する駅伝競技会であり、

11月の全日本大学駅伝対校選手権大会の関東代表として出場できるなど、全国大会への代表選考のでもあります。(上位3校)

 

スポンサーリンク

九州の大学に力がないの?

決して、そういうことではありません!!

九州には「九州学連」があり、九州学連が主催する駅伝大会が開催されています。

九州学生駅伝対校選手権大会

九州学生女子駅伝対校選手権大会

などがそうですね。

福岡大学、第一工業大学、鹿屋体育大学、立命館アジア太平洋大学、日本文理大学など、九州内にも駅伝で頑張っている大学は複数存在します。

ただし、箱根駅伝は、関東学生陸上競技連盟と読売さんが共催されているので、全国放送されてはいますが、九州含め、関東学連に所属していない地方の大学は参加資格がないということです。

 

 

箱根駅伝出場の希望はないのか?

繰り返しますが、箱根駅伝はお正月の一大イベントともなっており、全国民から注目される大学駅伝の一つです。

九州の大学だけではなく「箱根駅伝に出場したい!!」と願う大学は少なくないはずです。

青山学院大陸上競技部の原晋(はら すすむ)監督が「箱根駅伝は公共の文化財だ」と話されています。

青学、原監督の影響力はとても大きいものですよね。

 

関東学連では、2024年に迎える箱根駅伝100回記念大会を全国化することも検討されていると言われていましたが、現時点ではまだ何も決定していない状態。

100年の歴史を持つ「箱根駅伝」ですから、それについては当然賛否両論あります。

近々にというのは考え難いですが、将来、地方大学が箱根駅伝に出場できる希望は十分にあると考えます。

 

もし、そうなれば地方大学の陸上競技そのものも、もっともっと発展していくことでしょう。

九州の大学が出場できないのは残念ですが、箱根駅伝出場大学に九州出身の選手はたくさんいますので、ぜひ、それぞれの選手を応援したいですよね。

 

 

こちらの記事も合わせてお読みください。

>> 【箱根駅伝2020】九州出身のエントリー選手一覧!!

 

96回箱根駅伝

202012日(木)・13日(金)

あさ7時から日本テレビ系列にて生中継!!

公式ツイッター

 

スポンサーリンク


 

【箱根駅伝2020】九州の大学は出場できないの?理由は?をお読みいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください