スポンサーリンク


しぶんき座流星群2020【福岡】見頃時間や方角は?

しぶんき座流星群 

2020年1月4日(土)〜5日(日)、今年初の流星群が最大限に楽しめます。

しぶんき座流星群ですね!!

お天気にも恵まれそうで、美しい流星群がバッチリ観られるのではないでしょうか?

福岡の夜空に多くの星が流れます。

しぶんき座流星群が見える時間や方角は?

気になることをまとめてみました!!

 

 

しぶんき座流星群が観れる時間は?

極大時間は、1月4日17:00頃とされていますが、この時間はあまり良い状況ではありません。

高度が低すぎて観察に適さないのです。

幸いにも流星群は夜通し観察することができるため、夜半から明朝にかけてが「しぶんき座流星群」をよく観察できるでしょう。

 

おすすめの時間は、1月5日(日)の夜明け前2~3時間!!

時間にすると3:00~5:00あたりということになります。

月明かりの影響を受けなければ、1時間に約20個の流星群が観れるとされています。

 

「そんな時間まで起きていられない・・」という方は、ぜひ寝る前にでも夜空を眺めてみてください。

極大は4日の17:00頃ですから、夜中「流星群」が観えると考えられます。

 

 

しぶんき座流星群が観れる方角は?

流星群等のは、放射点を中心に放射状に現れます。

ですから、ある一方向だけを観るのではなく広範囲の空を見渡せると良いでしょう。

満遍なく、夜空を見渡すことで流星群を発見することができるはずです。

できるだけ、灯りの影響を受けない場所で広い夜空を眺めてくださいね!!

 

スポンサーリンク

しぶんき座流星群

しぶんき座流星群は、8月のペルセウス座流星群、12月のふたご座流星群とともに三大流星群と呼ばれています。

毎年安定して多くの流星が出現するペルセウス座流星群、ふたご座流星群と比べて、しぶんぎ座流星群は活動が活発な期間が短い上に、流星の出現数が年によって変化することで知られています。

母天体に、ヘール・ボップ彗星などがあるが、ヘール・ポップ彗星は、20世紀で最も広く観測されたであろう彗星なんですよ。

18か月もの期間にわたって肉眼で見ることができ、それまで記録を保持していた1811年の大彗星の2倍にもなったのです。

母天体の方が気になってしまう・・・?!

 

ペルセウス座流星群
8月13日ごろ極大を迎えます。

母天体はスイフト・タットル彗星で、周期133年の周期彗星。

次に地球に接近するのは2126年8月5日だとされていますので、自分には観ることが不可能でしょう。

 

ふたご座流星群
冬の夜空は星が綺麗なはずですね。

ふたご座流星群は12月20日ごろ極大を迎えます。

母天体はファエトン (小惑星)と考えられています。彗星ではないんですね。

小惑星(しょうわくせい)は彗星とは違い、コマや、コマの物質が流出した尾(テイル)がないものをさします。

 

2020年のしぶんき座流星群はお天気にも恵まれ、バッチリ観察できそうです。

夜間〜明け方は気温がぐっと下がりますので防寒対策を忘れずに、広大な夜空を眺め、家族皆様で楽しんでください!

 

 

・オリオン座流星群2019【福岡】いつ、どの方角に見える?

・【ペルセウス座流星群2019】見頃時間や方角〜熊本で観るには?

 

スポンサーリンク


しぶんき座流星群2020【福岡】見頃時間や方角は?を最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください