スポンサーリンク


大雪はいつから?【九州】交通への影響(航空、JR、高速道路)は?

大雪はいつから?【九州】交通への影響

西日本では、警報クラスの大雪が予想されています。

災害、病気などブル〜な出来事が続きますが・・。

大雪はいつ頃から、どのくらい降るのでしょうか?

また、大雪による交通への影響は?

 

 

いつからどのくらい降るの?

tenki.jpによりますと、2月17日(月)昼過ぎ〜九州、山陰、北海道にかけて降雪が予想されています。

なかでも、九州、九州や四国、中国地方は強く雪が降る見込みだと言います。

 

17日(月)夕方まで

九州:15cm

中国:15cm

四国:10cm

北海道:50cm

 

18日(火)夕方まで

九州:40cm

中国:50cm

四国:40cm

近畿:50cm

北陸:60cm

北海道:40cm

 

九州から近畿の日本海側は断続的に雪が降り、昼頃からは雷を伴って局地的に降り方が強まるでとのこと、山沿いでは大雪になりそうです。

さらに、当然ですが今季一番の寒さになるそうですので、防寒対策にもじゅうぶん気をつけてください。

 

 

風の強まり

九州では、風も強まってきています。

九州北部地方では17日午後は雪を伴った非常に強い風も吹き荒れますので、重ねて十分ご注意ください。

 

18日(火)にかけての最大風速(最大瞬間風速)は、

北海道地方:23メートル(35メートル) 

東北地方、北陸地方、九州北部地方:20メートル(30メートル)

上記の通り、九州と四国、北海道で40センチもの降雪が予想されており、西日本で警報級の大雪となる恐れがあるということです。

 

スポンサーリンク

 

対策をしっかりと!!

積雪や路面の凍結による交通機関への影響、電線や樹木への着雪による停電、ビニールハウスの倒壊には十分な注意・警戒が必要です。

また、山間部の積雪の急増する地域では雪崩にも注意が必要です。

 

 

交通への影響は?

40~50cmの積雪となると、交通への影響が心配です。

お仕事などの関係で遠方に行かれる際は、必ず交通アクセス状態をご確認の上、お出かけください。

 

→ 運行情報(Yahoo!路線情報)

→ 交通規制・道路気象(国土交通省)

→ 東京国際空港(羽田空港) 欠航・遅延情報

→ JR九州(運行情報)

→ 福岡空港

→ 西日本の高速道路・交通情報 渋滞・通行止め情報

 

 

早めの対策、事故や怪我に十分気をつけてお過ごしください。

スポンサーリンク


大雪はいつから?【九州】交通への影響(航空、JR、高速道路)は?を最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください