スポンサーリンク


【防災士が作った災害グッズセット】九州では必須〜 豪雨 台風 地震に備えて!

【防災士が作った災害グッズセット】

豪雨、台風、地震と九州では各地で災害が相次ぎます。

被災すると「悲しい」「辛い」と言っている間もないくらいに、毎日を過ごすことが必死ですよね。

自分自身も被災して、九州での災害を目の当たりにして、災害グッズ(セット)の大切さを身にしみて感じています。

豪雨から台風シーズンに突入しますが、災害グッズ対策はできていますか?

 

 

災害グッズ

被災して心からわかった災害グッズの必要性、日常で暮らしていると、ついつい忘れがちですよね。

世の中が便利な分、余計に後回しになってしまうものですが、現在も豪雨に苦しめられている方がたくさんいらっしゃる状況です。

 

決して他人事ではありません。

今からすぐにでも、災害グッズの準備、見直しをされること、強くおすすめいたします。

被災すると皆がパニックを起こしますので冷静に行動できることが大切です。

ですから、自分は被災した経験から、速やかな行動ができるようにと災害グッズをキッチンの片隅に置いています。

 

直し込んでいると、意味がないんです。

どうか、すぐ手の届く範囲に・・・

いつでも逃げ出せる範囲に災害グッズを設置されてください。

 

 

防災士が作った災害グッズセット

九州に限らず、災害が多い日本。

数多くの災害から、防災士が防災セットを作られました。

災害の際、役立つのは被災者の声を元に準備された災害グッズ(セット)です。

 

そこで、防災士が被災者の声を形にした防災セットをお勧めいたします。

【防災士が作った災害グッズセット】

防災士が作った災害グッズセット

 

 

おすすめする理由は以下の通り
  • 実際に被災された方の声を元にして作られていること
  • リュック一つに必要なものがまとめられていること
  • セット内容や素材が、レビューなどから改善されていること
  • 5年保証がついているので安心できること
  • 防災士のサポートが受けられること

 

 

加えておすすめできる理由の決め手は、楽天ランキング3部門で1位を獲得していること。

【防災士が作った災害グッズセット】

多くの方が利用しているという信頼は大きいですよね!

ただし、多くの方が利用されているということは、現在のような災害時には注文が殺到するということでもありますので、希望される方は早急に購入することをオススメいたします。

 

防災士が作った災害グッズセット詳細をみる

 

 

防災士が作った災害グッズセット内容

大容量リュック

【防災士が作った災害グッズセット】

被災すれば、数日を屋外で過ごすことが考えられます。

そのために必要なものを収納しなくてはいけませんので、大容量であることは必須ですね。

詰めやすいリュックである、さらに撥水加工してあるので豪雨、台風の時には非常に役立ちます。

防災グッズが届いた時点では、バッグと中身が別々に届きます。

理由は、ご自身で一つ一つのグッズを収納することで内容が把握できるからです。

いざという時、何がどこに入っているのかわからないでは困りますからね。

荷物が到着したら、一品ずつ確認しながら荷物を詰め込んでください。

 

 

ダイナモラジオライト

【防災士が作った災害グッズセット】

豪雨、台風、地震、どの災害でも必ず必要となるのがこのダイナモラジオライトです。

災害が起こると、停電する可能性が非常に高いです。

夜が真っ暗になる

情報が入ってこない(周辺の様子がわからない)

スマートフォンのバッテリーがなくなる

充電ができない

このような状況に全て対応してくれるのが、このダイナモラジオライトです。

特にスマホに関しては、情報収集、家族や知人の安否確認にとても重要な役割を果たすため、充電機能がついていることは必須なんですよね。

 

ダイナモラジオライトには、手回しで発電し、それを貯めることができる機能が備わっているんです。

非常時には、充電確保もできづらい環境にありますから必須アイテムとなります。

 

さらに、ダイナモラジオライトには緊急サイレン機能もついているので、いざという時に安心です。

 

 

5年保存水

日本国内で製造された500mlペットボトル×4本入り。

災害時には、水も入手困難でした。

自衛隊さんが配水してくださるのですが、入手するのに2時間近く並ばなければいけない状況です。

飲み水、生活水(手洗いなど)、トイレ排水、被災して「水」の必要性を、身を持って感じました。

いくらあっても足りないのです。

 

一日に一人当たりどのくらいの水が必要かご存知ですか?

飲料水だけで「1ℓ」だとされています。

500mlペットボトル×4本では、到底足りないことが想像できます。

 

特に災害の多い、雨季〜夏場にかけては別途「水」の準備をされること、オススメいたします。

 

 

アルファ米

【防災士が作った災害グッズセット】

水谷お湯を注ぐだけで調理できる100%国産米3袋。

1袋でおにぎり2個分のボリュームがありますので、1~2日はアルファ米で凌ぐことができます。

スプーンもついているので、食器なしで食べられるのもメリットです。

 

 

野菜カレー

【防災士が作った災害グッズセット】

温めなくても美味しいカレー。

被災すると、恐怖と疲れから食欲も一気に落ちてしまいます。

しかし、一日の生活、後片付けなどで日常の数倍体力が必要・・・。

そんな時だからこそ、カレーのようなガッツリご飯が食べられる食材が必要です。

 

 

パワーブーストようかん

スティックタイプ6本。

疲れた・・・、でも食欲がわかないという時に、甘いものを欲するんですよね。

非常事態の栄養補給にはサイズ的にも食べやすいようかんです。

他、リュックの中に、栄養補充食をプラスされておくことをおすすめします。

 

 

ウォータータンク(10L)

繰り返しますが、水は飲み水だけではありません。

非常時には、本当に足りないんです。

水の補給が必ず必要になりますので、ウォータータンクは必ず準備されてください。

 

 

エアーマット

【防災士が作った災害グッズセット】

避難所では、固い床の上で睡眠を摂ることがほとんどです。

災害への恐怖、非日常からの不安で眠れないことが多いんですね。

そんな時、少しでも体を休めるためにエアーマットは必須だと考えます。

寒い時には、体温キープもできるのでエアーマットがあると安心です。

 

 

アルミブランケット

【防災士が作った災害グッズセット】

エアーマットにプラスして、アルミブランケットがあるのは心強いです。

十分な寒さ対策ができます。

 

 

携帯洗濯パック

汗、油、泥、服の臭いが気になるもの。

簡易ではありますが、携帯洗濯パックは簡単に洗濯することができます。

肌に直接触れる下着だけでも洗えると良いですね。

断水などで洗濯機を使うことができない場合には、とても役立ちます。

 

 

簡易トイレ

断水している

家に入れない

このような災害では、トイレが大きな問題となります。

 

避難所には「災害用トイレ」が設置されますが、列に並ぶのがまた大変です。

被害が大きければ大きいほど、簡易トイレは必ず必要となってきます。

腐るものではないので、別途多めに用意されておくことをオススメします。

 

 

ポータブルウオッシュレット

非常時は、衛生環境が悪くなるので、あると安心ですよね。

除菌シートなども準備されておくと、さらに安心です。

 

 

目かくしポンチョ

避難生活では、プライバシー確保が困難です。

外でのトイレ

着替え

赤ちゃんへの授乳

などに、体全体をしっかり覆い隠すことができるポンチョです。

 

 

ボディタオル&シャンプー手袋

非常時は、入浴することができません。

仮に、大衆浴場などを開放してくださっても長蛇の列ができます。

(自分は断念して帰りました。)

お風呂がなくても、対応できるように準備することが大切です。

 

 

救急セット

絆創膏

綿棒

ハサミ

爪切り

爪やすり

耳かき

ピンセット

救急セットケース

ちょっとした怪我などに対応できます。

避難所には救護室が設置されると考えられますので、そちらも合わせて利用されると良いです。

 

 

その他

  • 歯ブラシ
  • ホイッスル
  • 5年保存ウエットティッシュ
  • IDカード(事前に記入されておくこと)
  • 防災マニュアル

 

 

以上、35種類38点のグッズがセットになっています。

繰り返しますが、災害は他人事ではありません。

いつ、自分の身に降りかかっても不思議ではないことですので、このような災害グッズセットを一人一個準備されることを、強く強くおすすめします。

 

防災士が作った災害グッズセット詳細をみる

 

 

防災士が作った災害グッズセットのメリット

・被災者の声から考えられた

・防災士が作っている

・リュック一つに全ての備えがある

・リュック大きめなので他必要なものが入れられる

・撥水加工されている

・5年保証つき

 

何より、実際に被災された方の意見は貴重です。

その貴重な声をもとに、防災士が作されているので安心安全に使えるものばかり。

信頼性高いのが良いですよね。

 

また、風水被害の際は撥水加工が必要だと考えます。

被災者の意見から作られたからこそ、配慮細かく作られています。

災害は予想できるものではないので、使わないまま時間が経過することも考えられます。

いざという時、役立つために5年間の保証がついているのはありがたいですね。

 

防災士が作った災害グッズセット詳細をみる

 

 

防災士が作った災害グッズセットのデメリット

・子供には大きさ、重さとも負担がある

・充電器がさらにあると良い

 

防災士が作った災害グッズセットは、一人一個を考えて作られました。

38点もの災害グッズが詰め込められるため、かなりの重量なので、子供さんが持つには負担が大きいと考えられます。

子供さんには、必要な分だけを揃えてオリジナルで作られると良いと思います。

被災した経験上、充電関係が不足すると想像します。

他、スマホを充電できるグッズをプラスされることをオススメいたします。



このようなタイプのものを持っておかれると良いです。

 

 

防災士が作った災害グッズセットを買うならどこ?

Defend公式サイトで購入することができます。



5年保証がつく他、公式サイトで購入すると複数割引キャンペーンがあります。

災害グッズセットは、一人に一つなければ不足しますからね。

2セット:1.000円割引

3セット:2.000円割引

4セット:3.000円割引

1セット増えると1.000割引されます。

ご家族が多い場合は、この割引を利用されるとお得かと思います。

 

 

他、楽天やアマゾンでも購入可能です。

公式サイトのような割引はありませんが、ポイントやギフト券がある場合は利用できますよね。

 

>> 防災士が作った災害グッズセットを楽天で探す

 

>> 防災士が作った災害グッズセットをアマゾンで探す

 

 

 

 

まとめ 防災士が作った災害グッズセット

九州では、毎年のように豪雨、台風被害を受けております。

「自分は大丈夫!」なんてことは絶対にありませんので、災害グッズセットを準備されることが必要です。

被災してからでは遅いのです。

 

どうぞ、今からでも備を万端にされてくださいね。

この記事が、これから災害グッズセットを購入される方の参考になれば幸いです。

 

防災士が作った災害グッズセット詳細をみる

 

 

【防災士が作った災害グッズセット】九州では必須~ 豪雨 台風 地震に備えて!を最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください